top of page

土日が来る

更新日:2020年8月12日

週末になると家に籠る日々が続いている。

重い腰を上げて隣駅まで歩く。

移りゆく景色は気を紛らすのにちょうどいい。


お気に入りのゴミ袋を買って帰路に就くにはもったいないと立ち寄った古書店。

埃っぽい、縦にも横にも積まれた茶褐色の本たち。

つい先日逝去された外山滋比古さんの本はあるまいかと、一通り棚を眺める事にした。

開けっぱなしの店には西日が当たり、じりじりとした熱が書籍に入り込んでいった。

奥へ進むと天井から澄んだ響きがして、ふいに冷涼感を覚える。

モーツァルト?いやこれは、、ハーモニーとそこからボウイングが蘇ってシューベルトの弦楽四重奏ロザムンデだと気づく。


ちょうど1年前念願の五重奏を弾くことが出来て、今年は四重奏をプログラムに組む予定だった。

今頃作品を体験した喜びに包まれている頃だっただろうに、、、次に室内楽が出来るのはいつの日か。


既にお目当ての本は見つかっていたが、なんとなく最後まで聴いていたくなって、その間興味の向く本を探し続けた。

山形県の古い地形図や長新太さんの絵本なんかも置いてあった。


寡黙な店主にお礼を言って、麦わら帽子をかぶる。

また来ることがあるかはわからないけど、1つ居場所が増えたようで嬉しかった。






閲覧数:64回0件のコメント

最新記事

すべて表示

【秋のバロック音楽会】期間限定アーカイブ配信(2020/12/31まで)

2020年10月24日(土)15時開演 いずみホール 練習室 《出演》Vc 野津真亮/村上咲依子 ~プログラム~ 1. A.ヴィヴァルディ/チェロと通奏低音のためのソナタ 第3番 RV.43 Largo, Allegro, Largo, Allegro 2.J.B.バリエール/チェロと通奏低音のためのソナタ 第2巻No.6より Largetto 3.J.B.バリエール/2本のチェロのためのソナタ 

雇っていただきありがとうございます。

12日ぶりの仕事。孤独のグルメがちょうど良く終わったので、ホールまで電車を使わず歩いて行く事にした。 分奏は楽しい。始まるその瞬間までソワソワするのだけど、指揮棒を振り下ろした瞬間、それはなくなる。聴きたい音が溢れてくる。 帰りは夜道で気が乗らないかと思ったけど、梅雨も明けてお月さんがきれいに出ていたので今日の練習を振り返りながらスタスタ歩く。リュックには駅で調達した美味しいものがたくさん入ってい

Comments


記事: Blog2_Post
bottom of page